本文へスキップ

新しい視点で育児を応援するAloeBabyNet

素肌美人profile


素肌(すっぴん)美人
      とは・・・


その秘密は
   水分量にあります。

美しい素肌。
それは、つやがあり、はりがあり、うるおいがあって、きめの細かい肌のことです。
この素肌の美しさをつくるのに大切なはたらきをしているのが水分です。
素肌にとって水分は足りないことはあっても足りていることは少ないと言われています。

赤ちゃんの肌がふっくらとみずみずしい弾力をもっているのは水分をたくさんふくんでいるからです。水分が不足すれば、つやのある肌とはほど遠いかさかさの肌になり、はりもなくなり、またこじわのもとになります。
アロエベラでうるおい洗顔
25才をすぎるころから肌の水分補給能力はおとろえてきます。素肌のお手入れの基本は水分を十分に補ってやることです。美しさの目安といわれる水分量(角質層の水分量が約20%に保たれている状態)をいかにして保つかがスキンケアの大切なポイントになります。20代の素肌をそのまま維持できればすばらしいことです。


そこでおすすめするのがアロエベラによるお肌のお手入れです。
アロ工は昔から化粧品の素材として高く評価されて愛用されてきました。


その秘密はアロエベラの抽出液が天然植物保湿成分としてすぐれたはたらきがあることを多くの人が知っていたからです。アロエのもっとも古い記録はエジプトのピラミッドで発見されたパピルスです。それには当時の人たちがアロエを不減の植物と名付けて珍重していたことが記されています。
エジプトの女王クレオパトラがアロエからつくった化粧品を愛用していたという伝説もあります。
アロエベラで本格的なひきしめパックを
美しさは十人十色です。でも、みずみずしい素肌にかなう美しさはありません。
素肌がほんとうに求めているアロエベラによるスキンケア、始めてみませんか?

スキンケアのお勉強をしてみたい方は日本リラクゼーションスキンケア協会のナチュラルケアリスト養成講座を受けてみてはいかがでしょうか。

知っておきたい化粧品と皮膚のこと
4週間で新しくなる皮膚

紫外線のこと
肌に炎症をおこしたり、黒くするだけではなくシミ、シワ、たるみをつくり肌を老化させる原因ともなります。夏の日光浴にはサンスクリーン剤が入っている化粧品を併用すると紫外線防止の効果があります。海水浴で用いるオリーブ油などは植物油だからと言ってそのまま一日中つけたままにしておくと炎症を起こすことがあります。洗ってつけ直す心がけが必要です。

PH(ペーハーバランス)のこと
酸性とアルカリ性を示す指数がPH値です。健康なひふのPHは4.5〜6.5の弱酸性です。ひふがPHのことなるものに触れたとき、その部分のPHは一時的に変化しますが、ひふはすぐに本来のPHに戻そうとする中和機能があります。(ひふのホメオスタシス)

指定成分のこと
表示が義務づけられている化粧品の成分で、以前は約100種類ありました。ひふトラブルがあった時その原因を探す参考にされていました。現在では「指定成分表示」ではなく、「全ての成分を表示」するよう義務付けられています。

ひふの新陳代謝のこと
ひふは新陳代謝によって常に新しいひふが生まれています。ひふの一番外側を表皮といいますが、この表皮の最も下にある基底層であたらしい細胞が作られると、約2週間かかって外側の角質層に向かって押し上げられます。そして2週間角質層にとどまりあかとなってはがれ落ちます。
つまり4週間程度でひふの再生が行われています。

香料のこと
無香料のままのほうがピュアでいいという意見もありますが、化粧品にはもともと原料臭というものがあり気分よく化粧品を使うために安全性が確認された香料を少量用いる微香性が主流になっています。

睡眠時間・睡眠時間帯のこと
十分睡眠時間をとって休養することは健康を保ち肌を美しくするためにも大切です。
新しいひふを作るために栄養を補給し荒れた肌を治したりする新陳代謝は夜10時ころから朝方にかけて最も活発です。美しい肌を作るためには睡眠時間だけでなく睡眠時間帯も大切です。
この時間帯を私たちは「美肌製造時間」とか「美人製造時間」と呼んでいます。



アロエベビーネット

〒151-0073
東京都渋谷区笹塚2-4-1-1306

フェイスブック